コメリ リフォーム

TOP > HowTo情報 >水周りのカビ取り

水周りのカビ取り

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

動画を見る

はじめに・・・

お風呂のタイルや台所の防水シールに黒い汚れがありませんか。
今の季節、放っておくとどんどんカビが広がります。あきらめる前に、まずは手入れを。
今回は、カビ取りと防水シールの取り替えです。

これだけは注意!

必ず換気をしましょう

カビ取り剤の匂いによって、気分が悪くなる場合があります。
窓を開ける、換気扇を回すなど換気を十分に行いながら作業をしましょう。さらに、マスクの着用をお勧めします。

ゴム手袋をしましょう

カビ取り剤が肌に付くと、肌荒れの原因になります。ゴム手袋を着用しましょう。
また皮膚に付いたら、ぬめりが取れるまで水で十分に洗い流して下さい。

カビ取り

写真

数分後にはピカピカに

カビに直接スプレーします。数分間そのままにし、水で洗い流して下さい。


MEMO
!注意!危険!
酸性洗剤とは併用しない
カビ取り剤は塩素系洗剤です。酸性タイプの洗剤と混ぜたり併用したりすると、有害なガスが発生し、とても危険です。絶対にしないで下さい。
写真 こんなにきれいになります
写真 高い場所のカビ取りは、柄の付いたスポンジなどに液をスプレーして、塗り広げると良いでしょう。目線より高い所に液を直接スプレーすると、垂れてきた液が目に入ったり皮膚に付いたりする場合があり危険です。

水周りをキレイに

防水シールの取り替え

お風呂場や台所などで使用されている防水シールにも、カビが生えてきます。カビ取り剤できれいにすることができますが、どうしても落ちない場合は、防水シールを取り替えましょう。シールがはがれてきた場合も、取り替え時です。

写真

写真防水シールの補修に必要な道具シリコーン系充填材

台所用他、お風呂用などがあります。使用場所に合った商品をお選びください。

カッター

ノズルの先をカットしたり、古いシールをはがすのに使います。

マスキングテープ

補修カ所に貼ることで、充填材のはみ出しを防ぎます。
充填材とセットで販売されています。

補修の手順

1. 補修カ所の古いシールを、カッターなど先の尖ったものではぎ取ります。
補修カ所は充分乾燥した状態。
湿ったままだと充填材がつきにくくなったり、カビが生えてくる可能性があります。
写真
2. 補修カ所の両側にマスキングテープを貼ります。ノズルの先をすきま幅に合わせ、カッターで切ります。 写真
3. 充填材のキャップをノズルに取り替え、絞り器をチューブにセットします。 写真
4. 補修カ所にノズル先を押しつけるように充填していきます。 写真
5. 充填材を付属のへらで、押さえるようにならします。 写真
6. マスキングテープをはがし、およそ24時間放置します。充填材がゴム状に固まったら出来上がりです。 写真

充填剤の取り扱い

充填材が固まる前なら、塗料うすめ液で拭き取ることができます。
服に付いたら落とせないため、作業中は、ゴム手袋やエプロンをつけた方が良いでしょう。
充填材は、空気に触れると固まってしまいます。保管の際には、空気が入らないように口元まで充填材を押し出してからキャップを閉めて下さい。

HowTo情報 一覧

ページTOP△