コメリ リフォーム

TOP > HowTo情報 >カーテンの効果・機能

カーテンの効果・機能

お部屋の中でカーテンの占める面積は、意外と大きいもの。
家具を替えなくても雰囲気をガラリと変えてくれるカーテンは、お気に入りの色や柄を選びたいですね。 インテリアとしても主役になれるカーテンですが、実はいろんな効果があることをご存知ですか?

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

動画を見る

1.日差しを調節する、遮る


カーテンには遮光効果のあるものがあります。日中、完全に光を遮りたいのであれば、暗幕と同じ効果のある1級遮光のものがおすすめです。朝、自然の光の中で目覚めたい方には遮光表示のない普通タイプのものを選べば、やわらかな光を取り入れることができます。
また、太陽光が直接当たるのを防いで家具や床材の劣化を抑えます。

2.プライバシーを守る


窓にカーテンがかかっていなかたらどうでしょう・・・お部屋の中が丸見えになってしまいますね。
普通タイプのカーテンをかけるだけでももちろん、外からの視線をカットすることができます。さらに遮光効果のあるカーテンを選べば、夜遅くなったときにお部屋からもれる光を遮断してくれるので、一人暮らしの女性にもおすすめです。

3.省エネ


冷房や暖房を入れるのになかなか効かない、そんな時カーテンが開けっ放しになっていませんか?お部屋の熱は窓辺から逃げてしまうことが多いのです。
カーテンを吊るすことでお部屋の湿度を保ち、夏は窓ガラスから入ってくる熱気を、冬場はすきま風や冷気といった外気から守り省エネにも役立ちます。
2重カーテンやレースカーテンやブラインドなどとの2枚吊りの方が、布の間に空気の層をつくるのでその効果はアップします。

4.防音


厚みのあるカーテンや、2重になったカーテンは布が音を吸収するので、防音効果が得られます。外の音を防ぎたい寝室や、室内の音を漏らしたくないアパートなどにおすすめです。

HowTo情報 一覧

ページTOP△