コメリ リフォーム

TOP > HowTo情報 >夏から冬へのお部屋のお手入れの仕方

夏から冬へのお部屋のお手入れの仕方

お部屋にある冷房器具や扇風機、夏用の敷物など、冬に向けて片付ける際に掃除しておけば、来シーズンは気持ちよく使うことができますよね!
また、夏に活躍してくれた網戸は秋のうちに掃除しておけば、寒くて大変な年末の大掃除ではさっと済ませることができます。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

エアコンフィルター・ファンヒーター・扇風機 窓ガラス・サッシの溝 網戸 ラグマット い草・すだれ

窓ガラス・サッシのお手入れ

窓ガラスの汚れ

スプレーして、ふきとる


ドロやホコリなどの部分的な汚れや、ひどい汚れがついている場合は、まず、布をゆるめにしぼり、ざっとふきとります。
そのあと、ガラス用洗剤をスプレーし、乾いた布でふきましょう。
すりガラスや模様ガラスの場合には、表面に凹凸があるので、凹部に入りこんだ汚れが、ふいただけでは残ってしまって、白くなることがあります。
そんなときは、スプレーしたら、古い歯ブラシなどでこすり、あとは水でしぼった布でふけば、きれいになります。

ちょっとアドバイス!

表面に凹凸のないガラスなら、布でふく代わりに、スクイジー(窓ガラス用のゴム製T字ワイパー)を使うと、手早くできます。

サッシの溝のホコリ

ゴミをとって、窓用の洗剤でふきとる

まず、掃除機に、細口ノズルをつけて、ホコリを吸い取るか、モップの先でホコリのゴミをとります。
手の届きにくい溝のお掃除は、柄の伸び縮みするタイプのモップが便利です。
そのあと、割りばしの先に布を巻いて、家具・住居用洗剤で少し湿らせてからふきとれば、汚れもきれいにとれます。窓をふいたついでに、ガラス用洗剤で拭いてもOK。

前のページへ 次のページへ

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行なってください。

エアコンフィルター・ファンヒーター・扇風機 窓ガラス・サッシの溝 網戸 ラグマット い草・すだれ
HowTo情報 一覧

ページTOP△